私の美容は食べ物から。食べて美しくなろう

美容は食べ物から

meneki-lympha-massage001

美容の天敵むくみ改善にはこの食べ物!

どうしても立ち仕事をしていたり、ずっとデスクワークで座りっぱなしだと足がむくんでしまう…。そんな悩みをお持ちの方は多いと思います。
別に脂肪がついているわけじゃないのに足が太く見えてしまう…。
なんで「むくみ」というのは起こってしまうのでしょうか。
今回は美容の天敵むくみ改善にはこの食べ物!というテーマでご紹介します。

■むくみはなぜ起こるの?

①長時間に同じ姿勢でいる

th1JJBVWOM

長時間同じ姿勢でいると、ふくらはぎの筋肉の働きが少なくなります。座っていたり立ちっぱなしで動かないと筋肉というのは使われませんよね?
実は血液やリンパの流れが筋肉の収縮と関係しているのです。
血液やリンパの流れにある筋肉の収縮によって血液は心臓に戻るのですがそれがうまく働かなくなりふくらはぎに滞ってしまいます。

②筋力の低下によるもの

前項で述べたように血液やリンパの流れと筋肉の収縮というのは関係しています。
しかし、そもそもの筋肉が少ないとポンプ機能が低下して余っている余分な水分を心臓へ送り戻すことができなくなるのです。

③冷え性

冷え性というのも血行不良によるものです。血液が足の先の毛細血管まで血液がうまく循環できていないために起こり、むくみを引き起こします。

④塩分の過剰摂取

塩分、つまりミネラルは水分を抱え込む性質があります。
もちろんミネラルも人間にとっては必要なものです。
しかし身体の中に過剰な量を取り込んでしまうと血液の流れは悪くなり水分をうまく排出できなくなります。

■むくみ解消に良い栄養素と食品

①カリウム

カリウムはミネラルと深い関係性があります。
体内にある余分な塩分の排出を促し、水分量を人間本来ならではの適正値に保つ働きがあるのです。

そんなカリウムを多く含むものには海藻類、ナッツ類、豆類、イモ類、葉類があります。

②ポリフェノール

img10533522603

ポリフェノールと聞くと浮かび上がるのはワインではないでしょうか?
ポリフェノールは植物に多く含まれる色素や苦み成分です。
むくみに効果的な抗酸化作用があり血液をサラサラにする働きがあります。
血液がドロドロの状態であるとむくみだけではなく栄養素を全体に運ぶことができないのでそもそも健康な身体であることができません。
そんなポリフェノールを含む食材というのは明日葉、ブルーベリー、大豆、生姜、緑茶、カカオなどです。

③ビタミンB1

ビタミンBというのはたくさんの種類があります。その中でもビタミンB1というのは糖代謝の働きを助けてくれるのです。
食事をしたときに血液に糖分というのは含まれるのですがそれがたくさん摂りすぎてしまうと血液がドロドロになり体脂肪として蓄えられてしまいます。
そんなビタミンB1というのは血液をサラサラにする役目があるのです。
ビタミンB1というのは豆腐、かぼちゃ、ごぼう、ほうれん草、豚肉などに多く含まれます。

④ビタミンB6

5a65c558482299e85306f23f2b8993cc_s

ビタミンB1と同じように摂取した栄養素を代謝してくれる役割があります。
ビタミンB6の場合だとタンパク質の分解を助けてくれ、血液をサラサラへ導くのです。
またホルモンバランスを整える働きもあるため、女性にはとてもうれしい月経前のむくみの解消に効果的。
ビタミンB6は大豆、にんにく、マグロ、サンマ、カツオ、鮭、鶏肉などに多く含まれています。

食材というのは必ずと言っていいほどの栄養素を持っています。
しっかりとそれを把握したうえで食事を摂取するとむくみの改善につながるのです。
寒い時期には特に気を付けてくださいね。

Sotowe • 2016年1月18日


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *