私の美容は食べ物から。食べて美しくなろう

美容は食べ物から

680d87ea3a4db31872e28d72c09032c1_s

食べ物で髪もキレイに。食べ物かた変えていこう

女性であれば肌もだけど髪の毛もきれいでありたい。
街行く人の中でサラサラで潤いのある髪の毛をなびかせて歩いている方いますよね。
今回はそんな女性になれるように食べ物で髪もキレイに。食べ物から変えていくお話をしていきます。

■髪の毛をサラサラにしてうるおいを保つ食材

髪の毛というのはなにでできていると思いますか?実はタンパク質なのです。
タンパク質というのは私たち人間の身体の中で様々な細胞を構成している役割があります。
髪の毛だけではなく爪や皮膚、血液、骨もそのうちの一つです。
タンパク質ときくと筋肉のイメージが強いと思いますが実は髪の毛にも重要な栄養素として役割を果たしています
私もこういったことに関しては専門的な勉強をしてきているので普段からの栄養には十分気を遣っていますが外で働いていて忙しい時には栄養がしっかりととれずにその証拠に髪の毛がパサつくことがありました。

①卵

d388b71e77c7ac1dc9dc649c3ca0ab65_s

卵というのはタンパク質の中でも万能の食材といっても過言といってもいいでしょう。
タンパク質の元となる20種類の「アミノ酸」というのがあります。
しかし、この中でも体内で作られるものと作られないもの=必須アミノ酸というものがあるのです。
卵には身体の中で作られない必須アミノ酸がすべて含まれていて、アミノ酸というのは体内に吸収されやすく髪の毛に潤いを与える効果があります。

②サーモン

55295b8f3578fee5d4fe812c5d567c19_s

潤いを保つ髪の毛が必要な場合にはサーモンを食べることをおすすめします。
実はサーモンに含まれるオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸という成分には、
頭皮を保湿し毛髪の水分と髪の柔らかさをだすための柔軟性を維持する働きがあるのです。

③大豆製品

c5867c7df7f12ead1d596aea81f02696_s

大豆製品ももちろんタンパク質です。
大豆に含まれている「イソフラボン」というのは女性ホルモンの働きと似た役割をします。
そのイソフラボンは女性ならではの髪の毛の柔らかさや潤いを出してくれる働きが!。

■髪の毛をきれいにする食べ方

①良質な脂肪をとる

頭皮にある余分な脂肪を増やさないためにも良質な脂肪をとるように心がけましょう。
良質な脂肪をというのは青魚などに含まれるものです。
でも魚ばかり食べていても物足りない…。魚苦手なんだよね…。
という方も中にはいるかと思います。
その場合にはお肉を食べる際に調理法を変えてみるといいでしょう。
例えばフライパンなどで焼いた料理よりもしゃぶしゃぶなどで余分な脂を落とすことも大切です。
また、しゃぶしゃぶサラダなどもビタミンと一緒に摂取できておすすめですね。

②腹八分にする

これも大切な食べ方の一つです。
腹八分目にすることによってカロリーの大幅な摂取というのを控えることができます。
そして「腹八目」を意識することによって自身で何を食べたのかも把握することが可能です。

③野菜と米や魚を中心にして肉食は極力控える

タンパク質ももちろん重要ですが、そんなタンパク質の代謝をよりよくするためにはビタミンが必要不可欠になります。
ビタミンというのは潤滑油のような役割を果たしているので必ず食事の際には野菜などから摂取するようにしましょう。

ちょっとした工夫で髪の毛というのはうるおいを与え綺麗にすることができます。
簡単なことですから少しづつ始めてみてください。

Sotowe • 2016年1月18日


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *